個別指導塾と家庭教師

中学受験を行う際に個別指導塾を選ぶのか、または家庭教師を選ぶのか悩むことがあると思います。
自分の子供がどちらに向いているか、判定するのは難しいことです。
結局のところ、どんな家庭教師を選ぶか、どんな内容の個別指導塾を選ぶかによります。
個別指導塾は、集団指導塾のように全員が同じレベルの指導を受けるのではなく、個人個人にあった指導を受けたい生徒が通う塾です。
一方、家庭教師も当然、個人個人にあった指導が受けられます。
どちらも同じような指導が受けられますが、家庭教師の場合は先生を独り占めできることが明らかに違います。
個別指導塾の場合は同じ時間に複数の生徒を見て回るので、一人当たりの指導時間が短くなります。
したがって、個別指導塾に通う生徒は最低でも、一人で勉強する習慣がついている必要があります。
先生が見ていないときに、さぼったり、気が抜けたりしてしまう子どもは成果が上がりません。
中学受験を行う子どもであれば一人で勉強する習慣はある程度ついていると思いますが、しっかりとした勉強への取り組み姿勢も含め、指導を受けたい場合は家庭教師の選択が適切です。
どちらの学習形態を選ぶにしても、最終的には子どものやる気にかかっています。
どちらの方が子どものやる気を継続して引き出すことができるか、検討が必要です。