保護者対応力

中学受験対策に、個別指導塾を利用する生徒が増えています。一般的に、中学受験をする生徒は、専門の集団塾に通っているのがほとんどですが、進学塾に通う時間以外にも、勉強時間を確保するために、個別指導塾に通っているのです。
個別指導塾は、学校の授業のサポート、進学塾で習ったことの復習、模試対策などに使えます。1回の授業が80分から90分のところが多いです。自宅で集中して80分勉強するのは小学生には難しいかもしれませんが、塾に行けばしっかり勉強に取り組めます。
個別指導塾選びのポイントの1つが、保護者対応力です。個別指導塾の中には、生徒の理解度や、中学受験までのスケジュールを報告してくれるところがあります。
授業で何を教えたか、生徒の様子はどうだったか、単元の進捗度合いをレポートにしてまとめてくれます。後から見直せるので便利です。
授業以外にも手厚いサポートを受けられるのは嬉しいところです。本来なら、ご家庭でお子さんの勉強を見てあげられるのが理想ですが、実際問題、保護者の方が仕事や家事で忙しいと、お子さんの学習状況の把握まで手が回らないことがあります。
中学受験までのスケジュール調整を個別指導塾が代わりにしてくれるなら、見落としが減って安心です。